元キャリアアドバイザーの転職ブログ

リアルな転職ノウハウをご紹介します

3-1-2.代表的な転職サイト(おすすめの利用方法)

 

転職エージェントは利用せず、自分で自由に検索して自分の意思で応募したい方であれば、総合型の大手転職サイトの利用をおすすめします。

 

転職エージェントは、非公開求人がメインですが、転職サイトは一般的に公開されている求人がメインとなります。

 

大手の転職サイトであれば、大手から中小企業、ベンチャー企業まで幅広い業界・職種の求人が多数掲載されているので、自分の希望条件にあった求人があれば転職サイトから簡単に応募ができます。

 

転職サイトのマイページまたは応募管理画面で応募から日程調整、内定条件、入社日などの全てを自身で調整するスタイルとなります。

 

転職サイトは、登録内容・サイト機能・応募後レスポンス(合否連絡がちゃんと来る/全く来ない)に差があったり、この業界・職種・グループ企業に強いなどの傾向もあるので、利用しながら見極めて自分にあった転職サイトを見つけて下さい。

 

〜[代表的な転職サイト]〜

 

リクナビNEXT〔大手/総合型〕

 

リクナビNEXTだけの限定が約85%

(2015年1月自社調べ)

転職者の約8割が利用中

(正社員転職者の実施調査2013年2月実施/マクロミル調査)

転職決定数No.1

(2015年1月実施/楽天リサーチ調査)

正社員求人約9割

 

doda〔大手/総合型〕

 

約10万件の求人数・doda限定の求人も多数

転職活動の疑問に応える充実のコンテンツ

転職サイト機能だけでなく、人材紹介サービスも提供

(人材紹介サービスは「doda(エージェントサービス)になります」)

dodaエンジニア」も併設、IT・エンジニアの転職に最適

無料年収査定サービスあり

 

マイナビ〔大手/総合型〕

 

限定求人が約80%、掲載案件数常時7,000件以上

転職準備のすべてがわかる日本最大級の転職サイト

履歴書添削・面接ノウハウ・WEBセミナーなどの転職サポートが充実

適性診断、スカウト、応募書類作成・面接対策なども充実

 

いくつかの大手の転職サイトで求人検索をして自分の希望に近い業界・職種・条件にあった求人がたくさんあるサイトに登録してみても良いかもしれません。

 

すべての業界・職種を網羅したサイト、IT系求人が多いサイト、出版・広告系に強いサイトなど各転職サイトにより傾向があるので、自分の好みに応じて使い分けたり、転職エージェントをメインに転職サイトを併用する方法もあります。

 

 

〜[転職サイト利用の流れ]〜

 

転職サイトで登録(ほとんどが無料)

→「会員登録」から登録

(メールアドレスや氏名などを登録して、その後フォーマットに沿って入力すると登録ができるサイトがほとんど)。

 

→基本情報・職務経歴・スキルなどを記入

(職務経歴やスキルを登録すると転職サイトから直接応募できる)

 

※基本情報(氏名、住所、連絡先、学歴など)や職務経歴、スキルなどの記入項目は転職サイトによりフォーマットが違うので注意が必要。

 

求人検索・応募

→自分の希望条件を入力して求人検索を行う

(勤務地、業界、職種、給料、他条件を入力する)

→希望条件にあった求人の応募ボタンを押すと応募完了

(求人により企業からの質問やアンケートなどもある場合も)

→マイページや応募管理ページで応募した求人の管理ができる

(応募履歴、合否、面接設定など管理や企業との連絡ができる)

 

応募後の合否連絡・面接設定

→マイページや応募管理ページで合否や面接設定などを確認

(企業からのメッセージで合否確認や面接設定などを自分でする)

 

面接

→マイページや応募管理ページで企業とやりとりして面接日時を決める

(面接日時決定後、サイトによっては面接アドバイスが届くこともある)

 

内定・入社

→マイページや応募管理ページで内定・入社日などの連絡がくる

(内定条件や入社日の調整は直接企業とやりとりして決める)

  

上記の代表的な転職サイト以外にもいろいろな転職サイトや専門特化した転職サイトもあるので、いろいろ調べたり、登録・利用してみて自分に合った転職サイトを見つけて下さい(なかなか良い求人が見つからない場合は、大手の転職エージェントを利用を検討しても良いかもしれません)。


 

<次回予告>

【転職ノウハウ】 3.求人の探し方

(3-1-3.グーグル検索で求人を探す)

フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門