元キャリアアドバイザーの転職ブログ

リアルな転職ノウハウをご紹介します

【コラム】転職は3ヶ月以内?

一般的に転職するまでの期間は3ヶ月といわれています。

 

在職中であれば3ヶ月から長くて6ヶ月くらいだと思います。

 

離職後だと離職期間が長くなるほど転職に不利になる傾向があるので、3ヶ月くらいを目安に転職を決めることをおすすめします。

 

離職後3ヶ月をすぎると応募後の書類選考通過率が悪くなり、面接のハードルも上がる傾向があります(離職後は何をしていたのか?何社受けたのか?内定は出たのか?などの細かい質問が増える)。

 

あくまで私見ですが、3ヶ月以上転職が決まらないと「何か問題があるのでは?」と企業が懸念を持つからだと思います。

 

離職期間が3ヶ月を過ぎても、面接官を納得させる明確な理由があれば大丈夫かもしれませんが、できるだけ3ヶ月以内に決まるように計画性を持って転職活動を進めましょう。

 

転職を早めに決めるコツとしては、希望条件をなるべく広げ、少しでも気になる求人があれば複数応募することです。

 

100%希望通りの求人はなかなかありません。

また希望条件にこだわりすぎると応募できる求人も限られ、かつ競争率も高いので思うように結果が出ないこともあります。

 

人気の企業や職種は、応募が殺到し、応募期間終了前でも応募締切になることもありますので、気になる求人があったらまずは応募しましょう!

 

例えば、1週間に最低1つ以上、できれば2〜3は少しでも気になる求人に応募し、書類選考の結果や面接を受けて企業を絞っても良いかもしれません。


 

<次回予告>

【転職ノウハウ】3.求人の探し方・応募企業の選び方

フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門